史実をいかした、ほのぼの三国志 「孔明のヨメ」 杜康 潤

2014.05.18 Sunday

0
    三国志の英雄・諸葛孔明とその妻・月英さんの生活を描いた「孔明のヨメ」を読みました。面白いです。コメディではあるものの、史実をきちんと踏まえていて、当時の道具や文化なども漫画の中に取り入れられているので歴史の勉強にもなります。

    名門・黄家の令嬢、月英はちょっとかわりもので、学問はできるものの、家事全般が不得手な女の子。趣味は工作と家のセキュリティシステムづくり。漢時代の美人の枠からはだいぶ外れているけど、みんなに愛される素直でやさしい女の子です。

    そんな月英のために、なんとか良い婿を…と、奮闘するお父さんが偶然出会ったのが後の大軍師・諸葛孔明。その頃の孔明はまだ、仕官の口もなく農作業と学問に励む、いわばフリーター青年でした。それでも変わり者の娘と結婚してくれるのはこの男しかいない!と直感したお父さん、一気呵成に結婚までもっていきます。
    それがのちのち、「孔明の嫁取り」という悪評を生むことになるのですが…。

    月英さんも月英さんで、変装して孔明さんの家まで偵察に行ったり、孔明の弟の彼女のことを勘違いしたりと食い違いやドタバタがあったものの、変わり者(学問マニア?)同士、意気投合した2人は、ゆっくりと夫婦としての絆を深めつつ、ほのぼのとした新婚生活を始めるのですが…。

    ただのギャグ漫画かとおもいきや、歴史考証がきちんとしているし、歴史エピソードを面白く表現しているところが面白い。月英さんと孔明さんのほのぼのとした関係も可愛らしいし、孔明さんの学友たちもまた個性的です。

    「みんなが飢えないように」と農業の研究をする孔明さんに、月英は得意の工作力を活かして農機具を改良したり、育てやすい桃の木を植えたり、家事全般はできないものの、孔明さんの良いパートナーになっていきます。
    きっと、この桃の木が後に「桃園の誓い」につながっていくのでしょうね…。

    ところで三国志といえば関羽、張飛など劉備側の人間は出てこないのかな…と思っていたら、意外なところでつながっておりました。とはいえ、彼らが正式に出会うのはまだまだ先のようです。






    作者の杜康さんの画って、どこかで見たことがあるな、と思っていたら、実家のお寺のエピソードを描いた漫画「坊主DAYS」の人なんですね〜あのお寺の家族の話は好きでした(*´∀`*)


    JUGEMテーマ:おすすめの漫画


    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    「ひらひら 国芳一門浮世譚」 岡田屋 鉄蔵

    2014.05.03 Saturday

    0
      江戸時代活躍した絵師、国芳一門の姿を描いた「ひらひら 国芳一門浮世譚」を読みました。江戸の「粋」が伝わってくる絵とストーリーに惚れ惚れ。


      こんなに濃厚に、江戸文化の香りが絵から漂ってくる作品は、杉浦日向子さんの「百日紅 (上) (ちくま文庫)」以来かもしれない。

      ひらひら 国芳一門浮世譚
      岡田屋 鉄蔵 太田出版


      「ひらひら 国芳一門浮世譚」物語


      国芳一門に加わった、伝八(のちの芳伝)を通して国芳たちの生き様と、伝八の秘密が語られていきます。
      武士の田坂伝八郎は、仇討ち後に入水したところを国芳に助けられ、「めェが捨てた命、この国芳が拾おう」と、国芳一門に加わることに。個性派揃いの国芳一門の絵師たちに囲まれ、少しずつ一門に馴染んでいくものの、伝八が討った相手の情婦が逆に伝八を襲おうとして…

      とにかくもう、国芳師匠と一門のかっこよさといったら!揃いの法被で火事の助っ人、船を仕立ててクジラ見物などやることが豪快。国芳のパトロンの梅屋佐吉も、全身刺青姿がかっこいい。まさに江戸の男の「粋」を体現しているのが国芳一門なんですね。

      仇討ちのため叔父に禁欲生活を布いられていたという伝八を、みんなで「絵の修業」として吉原へ繰り出したり、師匠や女将さんからお小遣いをもらったり、くだらないことでケンカをする一門は、伝八にとって初めての仲間であり、家族でもあるのでしょうね。

      歌川国芳 奇想天外 ―江戸の劇作家 国芳の世界
      歌川国芳 青幻舎 売り上げランキング: 104,889



      JUGEMテーマ:オススメの本


      レビューポータル「MONO-PORTAL」

      「聖☆おにいさん9」 中村 光

      2014.05.01 Thursday

      0
        聖☆おにいさん9」、豆まきにひな祭りにお呼ばれ、商店街のラジオ出演やら、ブッダとイエスのバカンスは、より地域密着型になってきております。

        豆まきではイエスが鬼のお面をつけて、ブッダが豆まきをするのですが、豆をぶつけるのを躊躇するブッダにマグダラのマリアの故事から『「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」って言ったけど、君なら石を投げれる!』といって励まします。…まあ確かにブッダなら大丈夫だわ。その後、「福は内」って言った途端に弁天さん率いる七福神が菓子折りもって遊びにきましたwww


        巻末のおまけ漫画では、天国の門で受付作業をしているペトロとアンデレ兄弟のお話。最近、「ある人物」がシステム開発を行なったため、天国の受付がスムーズになってしまってヒマなのだとか。
        そう、知恵の味の創業者ですよ。天国行けてよかったね。(^ω^)

        聖☆おにいさん(9) (モーニングKC)
        中村 光 講談社 (2013-08-23)

        JUGEMテーマ:オススメの本


        ヤマシタトモコが描く食欲と恋愛。「くうのむところにたべるとこ」 ヤマシタ トモコ

        2014.03.18 Tuesday

        0
          ヤマシタトモコさんの新作「くうのむところにたべるとこ (マーガレットコミックス)」読みました。

          これ、連載当時から気になっていて、単行本化されたら絶対に買おうと思っていたのです。食と恋愛、エロスがテーマのオムニバス漫画。相変わらずヤマシタトモコさんの描く話はエロテックで、くすっと笑ってしまう面白さがあるのです。




          濃ゆくてマニアックな食と恋愛テーマ


          「くうのむところにたべるとこ」で取り上げられるテーマがね、毎回「そう来たか!」と思わせる内容なのですわ。
          冒頭から、レズとノンケ女子の焼き肉シーン。…濃ゆいです。飛ばしてます。

          その他にも「ぬか床に欲情する女子」「プロシュート(生ハム)で食い逃げを退治する妄想にとりつかれた料理人」「巨乳、食べるなら何味で?」など、ヤマシタトモコさんの独特な、食とエ○の世界観、最高です。

          ヤマシタトモコ作品感想


          「ミラーボール・フラッシング・マジック」
          愛おしい女たち「HER」
          裸族イケメンと女子高生が同居「ドントクライ・ガール」


          ・変態と純愛「サタニック・スイート」

          JUGEMテーマ:おすすめの漫画


          闘争の終わりに。『乙嫁語り6』 森 薫

          2014.01.15 Wednesday

          0
            乙嫁語り6巻は、全編を通じて激しい騎馬による領土争いがメインのお話です。これまでのように、中央アジアの生活の様子が描かれないのがちょっと残念ではありますが、迫力のある巻でした。

            「乙嫁語り」は、20歳の花嫁アミルさんと、12歳の花婿カルルクさんを中心に、中央アジアの生活が描かれていく物語ですが、以前(乙嫁語り2)で、アミルさんの実家ハルガル一族と、婚家の町との争いがあり、一旦は諦めたかにみえたハルガルが、ロシアの後ろ盾をもつ部族バダンと組み、土地を奪うため再び町に侵攻してきます。

            家長のやり方に不満をもつアミルの兄・アゼルは一計を案じ、従兄弟のジョルクを通じ、アミルに逃げるよう伝えるのですが、アミルはカルルクとともに残って戦うことを選ぶ。やがてバダンは裏切り、ハルガルごと街を攻撃しはじめ…

            躍動的な騎馬戦


            馬上で弓を放ち、アゼルのスピード感あふれる戦闘シーンはまさに圧巻。遊牧民の戦闘能力の高さがすごい。危険と隣り合わせの生活なので、こうした戦闘能力が培われていたのでしょう。でアミルさんが布に石を巻いて投げつけるのも、きっと日常的に使われていた技だと思います。

            女性たちの戦い


            この戦闘のさなか、女性たちは奥の建物のに避難していたようですが、カルルクが自分の父親に襲われているのをみて、建物を抜けて父親に逆らい、カルルクを助けようとします。この時代の中央アジアでは、父親(家長)の権力は絶対で、娘が父親に逆らうことなど許されないのですが、アミルはそれでも夫とともに戦うことを選びました。

            女性たちも、単に避難しているだけではなく、アミルを助けた兄アゼルを街のものがリンチしようとしたときは、「命は命をもって報いるべきだ」と男たちに意見します。この部分だけをみても、この世界では女性の意見が重要な場面で取り入れられていたと思われます。

            少なくともいまの(一部の)イスラム社会よりは、女性の地位が高かったのではなかろうか、と考えられます。

            乙嫁語り 6巻 (ビームコミックス)
            森 薫 KADOKAWA/エンターブレイン


            森薫作品感想


            「乙嫁語り10」→
            「乙嫁語り9」→
            「乙嫁語り8」→
            「乙嫁語り7」→
            「乙嫁語り5」→
            「乙嫁語り4」→
            「乙嫁語り3」→
            「乙嫁語り2」→
            「乙嫁語り1」→
            森薫さんがつくる「乙嫁語り」レシピ→
            言わずと知れた英国メイド物語
            「エマ(外伝)」→
            エマ以前のメイド物語「シャーリー」→
            「シャーリー2」

            「森薫拾遺集」→

            JUGEMテーマ:おすすめの漫画

            レビューポータル「MONO-PORTAL」

            イタリアがいる限り、世界は今日も平和です! 『ヘタリア6』 

            2014.01.12 Sunday

            0
              お国の特徴を擬人化したキャラで人気のマンガ、『ヘタリア』も6巻目。

              ・北欧五人衆とエストニア


              北欧メンバーと、北欧に入ることを虎視眈々と狙っているエストニア(フィンランドと仲がいい)、いまいち北欧メンバーと距離があるアイスランドのお話。実際、寄距離的にも他の国とは遠いアイスランド。本当は、にいちゃんたちに結構愛されているんですけど。

              ・ミクロネーションの冒険


              個人が勝手に作った、非公式の国家のことをミクロネーションというのですが、「ヘタリア」のミクロネーションのリーダーと称するシーランド君は、仲間を集める冒険の旅に出ます。途中、日本のニコニコ共和国も登場しますが、残念ながら日本国民に戻ってしまい、シーランド君がっかり。

              それにしても、ミクロネーションて、個性的なお国柄ばかりですね…

              ・ヘタリア今昔


              昔も今も、ほわわーんとしたイタリアは、ケンカ(戦争)をした相手からもうらまれず、メディチさんたちに庇護されて、結構恵まれた環境でした。

              今は…というと、しっかり者のドイツに頼りきっています(^^;)でも世界中に愛されているのがイタリアという国。日本とは性格的に正反対ではありますが、美味しい食べ物のことになると意気投合しています。

              マンガ『ヘタリア』のいいところは、現在のギスギスした国際状況よりも、各国の小ネタを面白く紹介していること。ここでは、みんな平和。世界がもっとイタリアの脳天気さであふれれば、きっと世界は毎日平和だ。




              「北欧フィンランドのかわいいモノたち」は、フィンランドの可愛い雑貨を紹介している本。ここでも仲良しエストニアについて少し紹介されています。フィンランドとエストニアは船で気軽に行き来ができて、エストニアははちみつが美味しいそうです。

              北欧フィンランドのかわいいモノたち
              菅野 直子 インターシフト 売り上げランキング: 118,348


              日本ももう少し、イタリアみたいにのんきになればいいのにね。

              ヘタリア5
              ヘタリア4
              ヘタリア3
              ヘタリア2
              ヘタリア

              JUGEMテーマ:おすすめの漫画



              お江戸の猫と人情ばなし 『殿様とトラ』 くるねこ大和

              2014.01.10 Friday

              0
                くるねこ大和さんが描く、江戸の人情と猫ばなし『殿様とトラ 』がいよいよ完結。
                前回『殿様とトラ 幼少編』の終わりの方で、寺子屋の先生となった荘十郎。つましいながらも近所の人にもらいものしつつ、なんとか暮らしがたつようになりました。
                自らを『側用人』と称する飼い猫のトラもいつも一緒。そうはいっても、猫のする事なので、実際にはトラはあまり荘十郎の役には立ちません。

                トラは生徒おみちの父親(猫好き)に溺愛されて、ちゃっかりご馳走になったり、威勢だけはいいものの、獲物を取り逃がしてしまうのは日常茶飯事。でも、そんなひとりと一匹それでも楽しく、のんびりした日々を送っていました。

                けれどある日、実家の本多家から便りが届き、どうやらトラの父猫・由松が長くないと知らされます。
                由松の見舞いと、生徒おみちの奉公先をみきわめるため、荘十郎とトラは江戸へ向かうことに。

                途中、おみちの父親が実は『殿様とトラ 幼少編』に出てくる幼なじみだと判明したり、ぼったくり飯屋のすったもんだに遭遇したりとトラブルにあいながらもなんとか一人と一匹は実家の本多家へ向かうのですが…。

                描きおろしのプロローグで作者くるねこ大和さんは、健康や安全面から今では猫は室内飼いが多くなってしまったけれど、猫飼いというのは猫たちが自然の中で獲物を追ったり、のんびり散歩をしたりという生活へのあこがれを『殿様とトラ』に託したのだそうです。


                殿様とトラ (バーズ エクストラ)
                くるねこ 大和 幻冬舎




                「殿様とトラ 幼少編」→


                「やつがれとあん胡郎―絵本漫画」→
                「やつがれと枕荒らし―絵本漫画」→
                「やつがれと甘夏―絵本漫画」→

                「おばさんとトメ」→
                「くるねこ8」→
                「くるねこ7」→

                JUGEMテーマ:オススメの本


                猫村さんグッズ第二弾!猫村さんお楽しみボックス

                2013.11.22 Friday

                0
                  前回、『きょうの猫村さん』好き垂涎のグッズを詰め込み、ネコムラーを驚かせた『猫村さんお楽しみボックス』、その第二弾が発売されました。

                  前回と同じく、大学ノートの中に猫村さんのイラストが描かれた「猫村さんノート」に、流行りのマスキングテープや、猫村さんグッズの中でも人気の卓上カレンダーまで!

                  前回の猫村さんグッズもそうでしたが、今回のもまた、勿体無くて使えないなあ。

                  書き下ろし本「猫村さんノート」
                  猫村さんマスキングテープ
                  猫村さんミニティッシュ
                  猫村さんミニティッシュケース
                  猫村さんレターセット
                  猫村さんシール
                  2014年「きょうの猫村さん」卓上カレンダー(A5サイズ)

                  猫村さんお楽しみボックス (マガジンハウスムック)
                  ほし よりこ マガジンハウス (2013-11-21)売り上げランキング: 58


                  きょうの猫村さん 5
                  きょうの猫村さん 5
                  posted with amazlet at 13.11.21
                  ほし よりこ マガジンハウス


                  猫村さんお楽しみボックス第一弾→

                  JUGEMテーマ:きょうの猫村さん


                  いつの時代も、手紙は…「恋文日和」

                  2013.10.09 Wednesday

                  0
                    SNS全盛の世の中ですが、若い世代にはまだ、手紙は重要なコミュニケーションツールなのだそうで、大事な友達や彼氏には手紙を書く、という子も多いそうです。

                    ジョージ朝倉さんの「恋文日和」は、そんな中高生の手紙を通じた恋愛オムニバス。
                    10年以上前に発表された漫画ですので、今ほど携帯が普及していません。だから彼女たちにとって手紙は大事な、気持ちを伝える手段なんです。

                    図書室の本に挟まれた手紙、偶然拾ったラブレターから始まる文通、交換日記…。
                    みんな全力で、いっしょうけんめい愛を伝えようとする。
                    それがもう、どれもこれも切なく、身悶えするような甘酸っぱさなんですわ。

                    なかにはコメディタッチの物語もあって(ジョージ朝倉さんのコメディセンス、最高です)、ラブレターをもらった、ちょっとやんちゃな女の子がオリーブ少女におしゃれして相手を探してみたけど、実はそれは自分への手紙じゃなかった…とか、それもまた青春漫画らしい。


                    恋文日和(1)
                    恋文日和(1)
                    posted with amazlet at 13.10.08
                    講談社 (2013-01-22)

                    恋文日和(2)
                    恋文日和(2)
                    posted with amazlet at 13.10.08
                    講談社 (2013-01-22)




                    この恋文日和、映画化もされていますが、田中圭、弓削智久、玉山鉄二、塚本高史、真木よう子など、今では考えられないような人気俳優揃いのキャストです。

                    恋文日和 [DVD]
                    恋文日和 [DVD]
                    posted with amazlet at 13.10.08
                    アミューズソフトエンタテインメント (2005-05-27)売り上げランキング: 50,989

                    JUGEMテーマ:おすすめの漫画


                    「旅のうねうね」 グレゴリ 青山

                    2013.09.25 Wednesday

                    0
                      グレゴリ青山さんのひさびさの旅マンガ「旅のうねうね」を読みました。
                      やっぱりグレゴリ青山さんの旅ものはいいなあ(*´∀`*) 自分も旅をしているような気分が味わえます。

                      気のおけない仲間との伊勢神宮の旅。台湾での旅のエピソード。マレーシアでであった女の子の話など、旅での人との出会い、懐かしい旅仲間とめぐる宮崎の旅など、ほっこりするエピソードがたくさん。
                      グレゴリさんの本を読むにつけ、旅ってほんと、一期一会なのだなと思います。


                      本の中でグレゴリさんは台湾で日本語の話せるおばあさんと出会います。
                      台湾は親日国ですし、統治下でそだった高齢者は日本語(それもきちんとした)を話すことができます。
                      台湾は少数民族が数多く同居する国なので、当時、言葉の違う民族同士の共通言語は日本語だったのだとか。

                      グレゴリさんのエピソードにでてくるおばあさんも、おじいさんと言葉が通じず、日本語が共通言語だったらしいです。


                      旅にでるのは容易なことではないけれど、せめて心だけでも旅の気分を味わいたい、そんなときにぴったりの1冊です。


                      旅のうねうね
                      旅のうねうね
                      posted with amazlet at 12.10.05
                      グレゴリ 青山 TOKIMEKIパブリッシング(角川グループパブリッシング) 売り上げランキング: 35006


                      「ひみつのグ印観光公司→
                      「もっさい中学生」→
                      「ブンブン堂のグレちゃん」→
                      「グ印関西めぐり(濃口)」→
                      「ナマの京都」、「しぶちん京都」→
                      「旅のグ」→
                      「旅であいましょう。大人の週末バックパック」→
                      「田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円」→
                      「グ印亜細亜商会」→

                      JUGEMテーマ:バックパッカー