2008.06.16 Monday

「クリエイターのための3行レシピ ポストカードデザイン」 ハラ ヒロシ

もう、分厚いデザイン専門書はこりごりだ!と思っていたところに
こんな本をみつけました。
クリエイターのための3行レシピ ポストカードデザイン」 

いままでのデザイン本というのは「高い・重い・めんどくさい」という三重苦なものばかりでしたが、
この「3行レシピ」はシンプルで安くて使いやすく
サイズが小さいので鞄にいれておけるのがいいですね。
いままでのデザイン本はA4以上の大きさばっかりだったので(^^;)

・リーズナブルな値段。
・鞄にいれてもかさばらないサイズ。(B6版)
・たった3工程でできあがり。

ただし、IllustratorやPhotoshopの基本操作ができていないと
この本けでは使いづらいかもしれませんが。


料理レシピでもベターホームが出している「かんたん美味
」はたった4工程でレシピが書かれています
料理でもデザインでも作業の簡略化はやろうと思えば
できるのですよ。やたらでかくて分厚くすればいいってもんでは
ないんです。( -д-)ノ
これからもこうしたシンプルなデザイン本がもっとたくさん
でてきますように。



2008.06.15 Sunday

「スーパーマーケット いらっしゃいませ」 平野 恵理子

「スーパーマーケットの本」といえば
森井ユカさんの「スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編」が有名ですが、スーパーマーケットマニアとはまた違った面白いスーパーの本を見つけました。

「スーパーマーケット いらっしゃいませ」
『スーパーマーケットいらっしゃいませ』 (ブルームブックス)
平野 恵理子 ソニーマガジンズ 売り上げランキング: 291816


平野 恵理子さんというイラストレーターの方が、スーパーマーケット(ちょっと高級の)の食材についてのエッセイや簡単なレシピ、そしてたくさんの食材のイラストが掲載されています。
このイラストがすごくいい。「手作り感」とでもいうのでしょうか。見ていてほっこりするんです。

片栗粉やベーキングパウダーなど定番商品から
見たこともない外国の食材や、日本の老舗の商品なども
載っていて、パラパラ眺めているだけでたのしい。

平野 恵理子さんのアスパラガスの缶詰の話を
読んでから、いつもの緑のアスパラではなく、缶詰に入っている白くて細長いアスパラガスが食べたくてしかたがありません。
そういえば、昔はアスパラガスといえば、缶詰のものしか売っていませんでしたっけ。


平野 恵理子さんは他にもきものや生活に関する本を書かれているのですね。こちらも面白そう。

着物でお出かけ十二ヶ月 ~コーディネート四季暦
平野 恵理子 技術評論社 売り上げランキング: 102395

おいしいおみやげずかん
平野 恵理子 ベストセラーズ 売り上げランキング: 191029

2008.06.13 Friday

面白そうな展覧会

ぼーっとしていると会期を過ぎてしまうので
忘れないようにメモ。

●印刷博物館
「デザイナー誕生:1950年代日本のグラフィック」
会期:2008年4月19日(土)〜2008年7月6日(日)
レトログラフィック好きにはたまらない企画。
きっと今見ると逆に斬新なデザインなんだろうな。

行ってきました!( ̄▽ ̄)/詳細はこちら。
印刷博物館、新しくてきれいでした。
印刷の部屋もあるんですね。


●東京国立博物館 平成館
「対決 巨匠たちの日本美術」
会期:2008年7月8日(火)〜8月17日(日)
対決させちゃうんですか。面白い企画ですね。( ̄▽ ̄)
対決内容も、日本画、彫刻、陶芸など、ジャンルも時代も多岐にわたってます。
ブログパーツもあったので、貼ってみました。

●東京藝術大学美術館
「バウハウス・デッサウ展」
会期:2008年4月26日(土)〜2008年7月21日(月)
大規模なバウハウス展なんて、昔セゾン美術館があった頃にいったきりなのでぜひ見たい。

それにしても、こうした展覧会の情報は
情報サイトの文字で見るよりも、駅のポスターで見たほうが
「行きたい」気持ちがつのるみたい。
それがグラフィックの力なんでしょうね。( ̄▽ ̄)

2008.05.16 Friday

「SUPERMARKET MANIA 〜雑貨コレクター 森井ユカの世界展〜」

Rokoさんのブログで、雑貨コレクターの森井ユカさんが展覧会を開催されていると聞き、早速行ってきました!

スーパーマーケットマニア

森井さんの、スーパーマーケットマニア(アジア編・ヨーロッパ編・アメリカ編)や、ポストオフィスマニアで紹介された雑貨が数多く展示。
雑貨好きにはたまりません。

・ポストオフィス関連
私の一番好きなジャンル。
スウェーデンのポストカード(切り抜いて返信にも使える)、
フィンランドのボトル封筒、どれをみてもかっこよくて実用的。
これぞデザイン。日本の郵便関係者はぜひ見にに来るべきです。

・スーパーマーケット関連
なぜ外国のスーパーグッズはこんなにステキなんでしょう。
フランスの空きビンなんてそのままこじゃれた雑貨屋で1000円くらいで売れそうです。商品パッケージにもお国柄がよく現れています。


・森井ユカさんの旅グッズ

雑貨のほか、森井ユカさんが旅で使われているグッズやメモ類も展示されていました。私も好きなトイカメラやリコーオートハーフを使われているんですね。( ̄▽ ̄)
メモ類には仕事用のものや、街であったおじさんの変な髪形についてや、フランスでトラックに泥水をかけられたなど、日記的なものも書かれていました。

・雑感
展示はすばらしかったのですが、館内の様子やスタッフの対応が少し気になりました。
幼稚園ぐらいのお子さん連れのお母さんが展示をみていたのですが、お子さんが雑貨に触りたがるのを抑えるのに苦労されていました。そのせいか親子連れはそそくさと退場。
森井さんのブログで、館内の風船は持ち帰り自由とありましたが、ギャラリーのスタッフなどが声をかけたり、「ご自由にお持ちください」と、大きく表示してあればわかりやすかったかも(^^;)

スツールに関しても、大きな表示がなかったせいか、雑貨と同じく触ってはいけないような気がして、結局遠慮してしまいました。残念。座っておけばよかった(>_<)
あと、ギャラリーの奥が講談社とつながっているので、奥からの声が響いてうるさかったのがちょっと残念。


この展示は2008年5月18日(日)まで講談社ショールーム・K-スクエアで開催されています。雑貨ファンはぜひ行ってみてくださいね。


ポストオフィスマニア (MouRa)
森井 ユカ 講談社 売り上げランキング: 90108

スーパーマーケットマニア アメリカ編
森井 ユカ 講談社 売り上げランキング: 1448

スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編
森井 ユカ 講談社 売り上げランキング: 16482


スーパーマーケットマニア アジア編
森井 ユカ 講談社 売り上げランキング: 36820


おいしいご当地スーパーマーケット 47都道府県で出会ったひとめボレ食品さん
スーパーマーケットマニア 北欧5ヵ国編
スーパーマーケットマニア アジア編
スーパーマーケットマニア アメリカ編
ポストオフィスマニア
ドラッグストアトリッパー!
ミュージアムショップ トリッパー!
東京雑貨パトロール
JUGEMテーマ:日用品・雑貨

2008.01.27 Sunday

原美術館へ行ってきました。

先日、用事のついでに原美術館へ。
前から存在は知っていたけれど行く機会がなかった原美術館
戦前の個人の邸宅を美術館としたもので、庭園美術館のように建物のイメージにあった
展示
をやっているのかとおもいきや…
実は私、今回行くまで原美術館が現代アートの
美術館ということをまったく知らずにいたのです。(^^;)


美しい曲線を描く階段を上ると白いタイルで埋め尽くされた
部屋があったり、真っ暗な中にデジタル時計のような数字が
並び、一見なんの秩序もないように刻々と数字が変化していったり。
なんだか、格調高い外観の中にたくさんのおもちゃが詰まったびっくり箱のなよう美術館でした。

今回訪れたときはピピロッティ・リストという人の作品展「からから」が開催されていました。
おしゃれした女の人が花を持ちながら笑顔で車の窓ガラスをぶち破っていく映像が流されていて、それがとても印象的。
解説によると
「視点を変えることで既存の価値観と折り合いをつけつつそれでもぶつかりもがく姿(中略)を形にしようとした。」


もしかしたら窓ガラスをぶち壊す
女の人は既存の価値観をぶち壊そうとしている姿なのかも。
とはいえ、現代アートに関する知識のない小市民な私は
映像の中で窓ガラスをぶち破る女性に警官が近づいてくるところでは、捕まってしまうのだろうかと思わずヒヤヒヤ。

自分がいかに固定観念に捕らわれているかが
わかった現代アート鑑賞でした。

ピピロッティ

2008.01.05 Saturday

ムンク展 念願の壁画習作《太陽》が見れた。

最終日ぎりぎりのムンク展にようやく行く事ができました。
ムンク展

出展作品については、ムンク展を取り上げたアート番組などで
取り上げられており、多少の知識を得ていたので展覧会では由来や製作過程よりも絵そのものを楽しもうと思い、いざいってみたら…
なんとまあ人の多いこと!
それでも私たちが鑑賞したときはまだましで
その後も閲覧者は増え続け、終わり間際はかなりの列ができていました。

さて、今回楽しみにしていたのはオスロ大学の講堂の壁画のための習作《太陽》。
オスロ大学に飾られている壁画は以前、美の巨人たちで取り上げられて以来、ぜひ見たいと思っていたもの。

太陽が日輪を描いて海から昇ってゆく。その光は地上にくまなく降り注ぐ。見ているだけで太陽のまぶしさや暖かさが感じられる作品。これほどシンプルで力強い素材があるだろうか。

ムンクといえば「病める子供」や代表作「叫び」などの暗い色調の絵ばかりかと思っていたら後半生は明るく、生命力に満ちた作品をいくつも描いているらしい。

ひさびさに絵をみて脳の奥がジーンとした。
いつか、オスロ大学の太陽の壁画も見に行きたいな。


ハチミツとクローバーでもムンクの太陽が取り上げられてましたね。
ハチミツとクローバー (8)
羽海野 チカ 集英社 (2005/08/19)



[おまけ]
国立西洋美術館にはロダンの作品も多く展示されています。
コレは屋外の「考える人」。相変わらず悩んでます。
考える人も

2007.12.17 Monday

佐藤可士和のデザイン年賀状

佐藤可士和デザイン年賀状

郵便事業にほんの少しデザイン要素が加えられた記念に、佐藤可士和のデザイン年賀状を買ってみました。

このほかにもいろんなデザインの年賀状があったのですが、シンプルな赤のパターンが一番かっこよかった。オフラインの友人知人のみなさま、届くのをお楽しみに(^O^)/

ただし、このデザイン年賀状、すごいことにインクジェット印刷に一切、対応しておりません(・_・;)

注意書きにはインクジェットプリンタで使用した場合の不具合について7項目も書かれているのですが、その中には
「プリンタ自体の損傷」も含まれていました。

そ、損傷て!! w( ̄Д ̄;)
おそるべし、デザイン年賀状。

ついでに、筆ペン、水性ペン、鉛筆を使用するとデザイン年賀状ではうまく書けないんですってさ。

宛先や挨拶文を入れるには手書きもしくは、
シール上のもので対応せねばならない…

でもいいんです!デザイン年賀状が好きなんですから!
多少の苦労は厭いませんとも…(^^;)


2007.12.10 Monday

約9割が女性だった「ティファニー展」 東京都庭園美術館

東京都庭園美術館で開催されていたティファニー展に行ってきました。アール・デコ建築で有名な庭園美術館は、美術館自体がひとつの美しい展示物であるので、インテリアや宝飾関連の展示企画がよく似合います。

平日にも関わらず結構な人手で、その9割近くが女性。
やはり宝飾関連の興味は圧倒的に女性なのですね。(^^;)
特に、この展示の目玉となるイエローダイアモンドの展示の前で
ためいきをつく女性は数知れず…


ティファニー展イエロー・ダイアモンドイエロー・ダイアモンドは過去2回だけ貸し出され、そのうちの一人が「ティファニーで朝食を
」で有名なオードリー・ヘップバーンだったそうです。

また、ティファニーはアメリカの宝飾ブランドということもあり、
アメリカで発見された宝石や半輝石だけを用いたデザインや、アメリカの国旗を象ったブローチ、対戦中の戦闘機モチーフなど
ティファニー、どんだけアメリカ好きなんだよw( ̄Д ̄;)
と思うデザインもありましたが、当時まだ高級=ヨーロッパの風潮があった時代に殴りこんでいったその志とクオリティの高さがすばらしいです( ̄▽ ̄)。

その他、ティファニーのデザイナーとなったパロマ・ピカソの作品や、バブル期に飛ぶように売れたオープンハートのペンダントなども展示。オープンハートのデザインは、彫刻家ヘンリー・ムーアの作品からインスパイアされたのだそう。
そういえばあの曲線のデザインは共通するものがあるかも。

その後、美術館内のcafe茶洒でランチ。
最近、美術館グルメが注目されているそうですが、噂にたがわず美味でございました。色ずくイチョウを眺めながらの食事はまた格別でした( ̄▽ ̄)。

↓翡翠麺、鯛茶漬け、茶碗蒸しのランチセット。
器が美しい。味も美味。
ティファニー展

アール・デコ建築意匠: 朝香宮邸の美と技法

鹿島出版会
売り上げランキング: 135,586

2007.09.29 Saturday

青木繁と海の幸


ブリヂストン美術館で開催中の青木繁展を見に行った。

いままで書物の中でしかお目にかからる機会がなかった、青木繁。
書物の中の絵は力強さが印象的だったけれど、実際見てみると、細部は繊細というか、やわらかなタッチで描かれていたのは意外な感じ。

その他、常設展でモネの池や安井曾太郎の薔薇などを堪能。
せっかくだからミュージアムショップでポストカードでも買おうと思ったが、本物を見たあとだと、どうしても迫力に欠けるというか…orz

結局、常設展で見れなかったロートレックを購入。
帰りは、八重洲地下街の古本屋を巡り、古いポストカードを見る。(高い!)
とはいえ有意義な週末の過ごし方だった。




2007.08.26 Sunday

まこまこランドへいってきた!


まこという名の不思議顔の猫
まこの写真展『まこまこランド!ビバ☆まこ祭り』
行ってきました(^-^)/

会場内は撮影オッケイだったので、写真やまこパン、
まこお気に入りのクッションなどをパシャパシャ撮る。

会場内には、まこがいつも使っているおもちゃや、エサいれなども展示されていたのだけど、写真展の間、まこはおうちからお気に入りのものが無くなって、戸惑ってないだろうか?


↓まこの戦利品一式。まこトートバック、肉球スタンプ、まこスタンプの押されたタグ、紙袋など。
まこトートバック


photo
まこという名の不思議顔の猫 (マーブルブックス)
前田 敬子 岡 優太郎
マーブルトロン 2007-06

by G-Tools , 2007/08/27

JUGEMテーマ:ぶさいく顔


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM