2005.05.28 Saturday

彩雲国物語「漆黒の月の宴」ネタバレ感想2

前回の感想で、書き忘れたことをやっと思い出したので追加。
3巻の最後で劉輝が秀麗嬢に、「(その男と決闘するから)好きな男が出来たら知らせるのだぞ。」と言っていたので、てっきり5巻(漆黒の月の宴)では劉輝VS朔洵の対決が見られるかと思っていたが、今回の対戦相手は修羅場をかいくぐってきた苦労人の元公子だったな。この戦いも見ものであったが。

まだ今の劉輝では、彩雲国のアスタロト・朔洵の相手はちときつかったのかな?
しかし、最後のあの表現ではどうも朔洵、復活するみたいなので(まさにアスタロトのようじゃないか!)これからの展開に期待。

雪乃先生は劉輝と朔洵を秀麗嬢を中心として対極になるよう表現されているから、いずれはどちらか一方が滅びるような戦いになるのではと予想している。
ガンバレ劉輝!たとえ相手が人でないものになったとしても(いや、生きてるときからある意味「人」を超えていたが、朔洵は。)秀麗嬢を魔の手から救うのだ!困ったら愛のわら人形を投げつけてみてはどうだろう?案外そうゆうのに弱かったりして。

ところで水滸伝関係のサイトをみていて発見したのだが、
「小旋風」とは「つむじ風」のことらしい。
某公子は「つむじ風」などとかわいらしいものでなく、触れるとめっちゃ痛い「カマイタチ」だけれどね。

2005.05.06 Friday

ネタバレ感想 彩雲国物語 「朱にまじわれば紅」

彩雲国物語 朱にまじわれば紅
彩雲国物語 朱にまじわれば紅

読み終わりました〜。
この外伝でさらなるヒミツが明らかになってます。
ということは、外伝を読まないとこれからの本編に支障をきたすことにもなりかねません。読んでないみなさん、ぜひ明日本屋へ走ってください。
本編がどんどんしんどくなるせいか、この本が今までの中で一番好きです。
(燕青家の話はつらくてヘコんでしまったし)

ヒミツその1
屋根の上で酒盛りする非常に人間的な仙人さんたち。仙人の正体がもう一人あきらかに。「あんたもかい!」

ヒミツその2
秀麗嬢のお母様の正体。まだ完全に謎が解けたわけじゃあないんですが。
お母様ご自身にもいろいろと謎があるようで。どうやらお母様は英姫さまと同様に霄太師に対することのできる人(?)らしい。
胡蝶妓さんといい、英姫さまといい、お母様といい、かっこいい大人の女性が多いですね。

そして、この本の一番のツボは。。
黎深おじさまっ!かわいい、かわいいよおじさまっ。
今回もまた、溺愛する秀麗嬢に名乗り出ることができず魂が口から出かかっていたおじ様!だいすきだぁ!
ちょっと弱みのある巨悪(ひど言いようだな、おい)って大好き。
朔洵はちと隙なさすぎだからな。

天然名君、劉輝は今回も切ない役どころ。
↓そんな彼にエールを送るための妄想

2005.02.28 Monday

彩雲国物語 漆黒の月の宴(ネタバレあり)

彩雲国物語 漆黒の月の宴
はっきりいって若者口調のギャグ部分はおばちゃん、正直まだ抵抗があるのだがね。ストーリーの面白さについつい引き込まれていってしまうし、文章自体も非常に美しいし。これからの展開がとても楽しみ。読み終わるたびに謎が解け、そしてまた新たな謎を読者に投げかけていて、また待つ楽しみが増えたよ。

あと、今回のみどころはなんといってもあの姫のミラクルボイス!(例え古っ!)だって声だけでばったばったと倒れていくんだぜ。これをミラクルボイス以外にどう表現しろというのだ。
ミラクルボイス…30年以上前「少年ジェット」というヒーローが「ウー、ヤー、タァーッ」と叫ぶと敵がたちどころに倒れていくという、シンプルかつ強力な必殺技。




Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM