[映画] 愛の泉

2009.07.02 Thursday

0
    金城一紀さんの「映画篇」が好きで、「映画篇」に出てくる映画はできるだけ見ることにしています。今回の「愛の泉」は1954年のアメリカ映画。原題は「Three Coins in the Fountain」タイトル通り、3つの恋の物語です。例えるなら50年代アメリカ風トレンディドラマかな。

    ローマに秘書としてやってきたマリアは、同じく秘書のアニタ、フランシスとともに高級アパートで共同生活を始める。その夜、マリアはカクテルパーティで出会ったディノ公爵にひかれ、彼の好みの食事や音楽を探り、ディノの関心を得ようとする。
    アニタはイタリアにうんざりしており、嘘の結婚でアメリカに帰ろうとしていたが、イタリア人局員・ジォルジォに求愛され、愛しあうように。けれどイタリア人局員との恋愛禁止の職場ではジォルジォがクビにされ、責任を感じたアニタは彼と別れようとする。
    一方、マリアはうまくディノ公爵の心を射止めたものの、良心の呵責からすべてをうちあけ、ディノに嫌われてしまう。
    フランシスは長年秘書をしていた著名作家シャドウェルから求婚され喜ぶが、その直後彼の病気が判明し、婚約を取り消されてしまう。トレビの泉にコインを投げた願いは通じるのかー。

    とはいいものの、そこはアメリカのラブストーリー、最後はすべて大団円なのですが。

    マリア、アニタ、フランシスのファッションや生活がとてもおしゃれ。眺めの良いテラスでの朝食や細いたばこをくゆらせながら仕事をこなす仕草、ガールズトークなど、こんな生活ができたら素敵だろうな。また、3人ともとてもかわいい女性で、ちょっと計算高いけれど天然のマリア、現実的で情熱的なアニタ、最年長で2人を見守るかっこいい女性、フランシス。
    50年代の話なのに、働く女性のスタイルは現代とあまり変わりません。むしろこの頃のアメリカはものすごく力があったので、このころの生活の方が豪華なのかもしれません。

    デジタルリマスターで当時の天然色をそのままに、独特の色調が美しく再現されています。
    愛の泉 [DVD]
    愛の泉 [DVD]

    映画篇」では、おばあちゃんとおじいちゃんが初めてみた映画「ローマの休日」を孫たちが上映するというストーリーで「愛の泉」が登場します。
    映画篇
    映画篇

    [映画] ゴスペル THE GOSPEL

    2009.02.14 Saturday

    0
      ゴスペルとは、神をたたえるための歌。
      おもにアフリカ系アメリカ人の教会で歌われる、パワフルで美しく、明日への活力がみなぎる歌です。
      そんなゴスペルと教会を舞台にした映画、「ゴスペル(THE GOSPEL)」音楽をゴスペル界のカリスマ、カーク・フランクリンが担当しています。

      とはいえ、ストーリーはいたって単純。
      母親の死から父と対立した息子が家をでて、R&Bシンガーとして成功している。そんなとき、父親の病気を知らされ故郷の教会に戻り、父と和解するものの、父親は間もなく病気で死んでしまう。
      愛や友情に裏切られ、人生の困難にぶち当たる。
      と、アメリカ映画ではありがちのストーリーなのですが、
      美しいゴスペルソングを聞くだけでも価値ありな映画です。
      やっぱりラストシーンでは泣いてしまいました。

      「完璧な教会はない。完璧なのは神だけだ。」
      そのセリフの通り、教会の牧師といえども悩み、野心を持ち、人生の選択を誤ってしまう。
      教会経営の話は、映画「天使にラブソングを2」でも付属の学校が資金不足で閉鎖になるといったエピソードが出てきていて、神に仕える教会といえども、なかなか厳しいようです。

      ゴスペル [DVD]
      ゴスペル [DVD]
      posted with amazlet at 09.02.11
      ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007-06-22)売り上げランキング: 34087


      ゴスペル&ゴスペル・ライブ パック [DVD]
      ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2006-10-04)
      売り上げランキング: 57181

      [映画] オリンピア 民族の祭典・美の祭典

      2009.01.03 Saturday

      0
        映画・東京オリンピックに続き、TOKYO MX-TVで、ベルリンオリンピックの記録映画・「民族の祭典」、「美の祭典」を見ました。

        「オリンピア」は、第二次世界大戦前の1936年、ナチス・ドイツの国威発揚・プロパガンダ用に製作された映画で名監督、レニ・リーフェンシュタールによる美しい映像とカメラワークで、選手の表情や肉体の躍動感が大胆な構図で描かれています。

        70年以上前の映画ですが、選手の筋肉の一瞬の躍動を捉えたすごい映像の数々。いま見ても斬新でかっこいいのです。

        しかし、当時はナチス時代ですから、ヒトラーやらナチスやがやたら映ってます。(・_・;)
        またこの頃、日本が朝鮮半島を併合してしまっていたため、朝鮮半島出身の金メダリストは日の丸を背負って走らなければならなかったり、高跳びで銀・銅のメダルを分け合った日本選手の一人は、その後戦争で命を落としたりと、美しい映像ののちに、悲惨な戦争が待ち構えていると思うと、切なくてなりません。


        東京オリンピック→

        民族の祭典 (トールケース) [DVD]
        アイ・ヴィー・シー (2003-06-20)売り上げランキング: 9197

        美の祭典 (トールケース) [DVD]
        アイ・ヴィー・シー (2003-06-20)売り上げランキング: 9294




        レビューポータル「MONO-PORTAL」


        [映画]ハリーの災難

        2008.12.07 Sunday

        0
          先日テレビでヒッチコック特集をやっていたので久しぶりに「ハリーの災難」を観ました。
          一つの死体をめぐるコメディタッチのミステリー作品です。

          50年代、アメリカの片田舎に男の死体がころがっている。
          その死体をめぐり、彼(ハリー)を殺したと思い込んだ人と、ハリーの関係者などが、死体を隠したり掘り起こしたりを繰り返すお話。
          ハリーを猟銃であやまって撃ったと思い込んだ船長と、画家のサムは彼を埋めようとするけれど、ミス・グレーブリーが自分がやったと言い出した。

          何度も埋めたり掘り返したりを繰り返しているうちに、結局画家のサムとハリーの妻であるジェニファーが恋仲になり、結婚するためにはハリーの死亡証明が必要になるので、ハリーの死体をきれいにあらって医師に検死を依頼することに。ところがその死因はなんと…


          それにしてもみんな、死体をみてもあんまり驚かないんですね。
          ハリーの奥さん・ジェニファーなんて死体を見つけたとき、「あら、やだ、ハリーじゃない!」と驚きはするものの、あっさり帰っちゃうし。
          結局、最後までハリーの顔は(似顔絵以外)出てこないというのもおもしろい。

          作中にでてくるブルーベリーマフィンやレモネード、ソーダなどの食べ物もおいしそうでした。

          ハリーの災難 [Blu-ray]

          新品価格
          ¥980から
          (2020/7/1 13:18時点)




          ハリーの災難 [DVD]

          新品価格
          ¥1,039から
          (2020/7/1 13:20時点)


          [映画] ヤング@ハート

          2008.11.14 Friday

          0
            「平均年齢80歳のロックコーラス隊」
            そんな宣伝文句につられ、見てきました「ヤング@ハート
            おじいちゃんおばあちゃんたちが、ロック、R&B、パンクまで歌い上げる。
            おそらく世界一かっこいいコーラス隊です。
            最年長、92歳のアイリーンおばあちゃんはキュートでセクシー。
            元ストリッパーでもあるらしい。
            76歳のスタンじいちゃんは何回やっても「I feel Good」を「I feel Nice」と歌ってしまう。
            コーラス隊を率いるボブはみんなに結構ファンキーな曲を選んでくるのですが、最初はためらっていても徐々に徐々に自分たちの歌にしちゃうんです。

            コンサートを控え練習に余念がないメンバーたち。
            病気でコーラス隊を離れたメンバーのフレッド、ボブ・サルヴィーニが帰ってくる。ボブ・サルヴィーニは病気で何度も死線をさまよい、枕元に牧師をよばれた病室でも歌っていたのだそうだ。
            しかし、コンサート直前、メンバーのボブ・サルヴィーニとジョー・ベノアが帰らぬ人に。ボブ・サルヴィーニの訃報の直後、メンバーはそのまま刑務所の慰問に向かう。

            「仲間が死んだ時に歌うのはつらくないか?」
            との問いに、
            「こういうときこそ歌うんだ。」
            「死んだメンバーもそれを望んでいる。」
            と答える残されたメンバーたち。

            そんなヤング@ハートのコーラス隊は囚人たちの心もがっちりつかんてしまいます。

            コーラス隊メンバー、フレッドはのインタビューの中で「すばらしい人生だった。」って答えてる。80歳代なら戦争もいくつか経験しているだろうし、つらいことだってあったはずなのに。でもすばらしい家族と仲間と歌に囲まれて本当に幸せそうなんだ。
            この辺が愚痴ばっかこぼしている日本の老人たちとは違うところだな。

            体は思うように動かなくても、仲間と共にいつまでも歌う。
            生きつづけるってことは、それだけで「ロック」なのかもしれない。

            ヤング@ハート−オリジナル・サウンドトラック(ライヴCD付2枚組)
            サントラ ヤング@ハート・コーラス Warner Music Japan =music= (2008-11-05)売り上げランキング: 5119

            ヤング@ハート [DVD]
            ヤング@ハート [DVD]
            posted with amazlet at 09.05.31
            ポニーキャニオン (2009-05-20)売り上げランキング: 897

            JUGEMテーマ:映画の感想


            [映画] アメリ

            2008.10.30 Thursday

            0
              いまさらですが「アメリ」を見ました。
              おしゃれでかわいい映画でした。

              小さい頃から空想好きのアメリが、40年前に同じ部屋に住んでいた少年の宝箱を見つける。
              持ち主を探し出してちょっと変わった方法で受け渡すと、彼は涙を流し、人生をやり直す勇気をもらったと喜んでいた。
              そのときからアメリはないしょで人を幸福にするサプライズを起こすようになります。
              夫が若い女と駆け落ち先で死んだ管理人には、昔の手紙を利用して愛の手紙を作り出したり、カフェの同僚と常連客のキューピッドになったり。

              やがてアメリは人が捨てた証明写真をコレクションしている風変りな青年・ニノに恋をする。彼の落し物を返すときの作戦がかわいいんです。広場の矢印をたどっていくと望遠鏡。望遠鏡をのぞくとそこにはアメリが。でも遠く離れているのでニノには追いつけない。
              そんな追いかけっこが何度も続けば相手だってきっと気になって仕方がないはず。(^^)
              でも内気なアメリはなかなかニノに近づけないんですね。

              登場人物のナレーションでその人物の好きなこと・嫌いなことが紹介されるのですが、そんな大それたことじゃなくて日常の何気ないことなのが好き。


              アメリ
              アメリ
              posted with amazlet at 08.10.30
              ビデオメーカー (2002-08-02)売り上げランキング: 1625


              アメリは小説にもなっています。かわいいイラストがついて、小説というより絵本のよう。
              アメリ
              アメリ
              posted with amazlet at 11.05.18
              イポリト ベルナール
              リトルモア
              売り上げランキング: 102618


              小説版アメリ→

              [映画] ドリームガールズ

              2008.05.02 Friday

              0
                とにかく歌が最高!
                ドリームガールズはもともと60年代の伝説的グループ・スプリームスをモデルとした映画。当時の流行ファッションや社会情勢なども織り込まれています。

                ビヨンセはセクシーだし(最初は役柄上、オーラを隠していたが)ジェニファー・ハドソンはパワフル!
                映画というよりライブを見ている感じ。
                長い映画だけど気にならない。

                それにしても登場する女性達は、
                華やかな成功とは裏腹に悲しい恋をしてしまいます。
                エフィーはボーカルをはずされ、わがままな態度から
                グループを追われ、ローレルはジミー・アーリーとの
                不倫に疲れ果て、ディーナはカーティスと結婚するものの、
                彼が愛しているのは「商品」としてのディーナだと知り、
                絶望する…

                ディーナにしろエフィーにしろ、
                最初っからカーティスって「愛よりビジネス」な態度なのに
                どうしてわかんないんだろうなぁ?
                歌はうまいけど恋愛経験の少ないうちにショービズ世界に
                入っちゃったから?
                でもやっぱり女性は強い。最後は晴れやかな笑顔で舞台を
                去ってゆく彼女達は最高にかっこよかった。


                ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
                パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2007-06-22)売り上げランキング: 849

                ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック
                ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック

                JUGEMテーマ:音楽


                [映画] ハリーポッターと不死鳥の騎士団

                2007.08.15 Wednesday

                0
                  映画「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を見にいった。
                  長い原作をポイントをつかんで、うまくまとめられていた。
                  脇役たちもそれぞれのイメージ通り。

                  ・ルーナ
                  「不思議ちゃん」ルーナはイメージぴったり。(原作より可愛いし)
                  ハリー・ポッター7前夜祭ではネビルとくっつくのじゃないかと噂があった。実際、映画の神秘部のシーンではふたりで助けあうシーンがあったので、もしかしたら…
                  ぽわーっとしているようで、物事の本質をつかんでいるルーナと、普段は臆病なネビルは、けっこう良いカップルになるんじゃないかな。

                  ・ネビル
                  ネビルがどんどんかっこよくなってきた。見た目は弱虫君だけど、両親の仇を討つためにダンブルドア軍団に参加したり、神秘部で一緒に戦ったり、成長がめざましい。
                  ハリーよりも勇気があるわけじゃないけど、なけなしの勇気を振り絞って運命に立ち向かっていく姿がよかった。

                  ・チョウ
                  前々からチョウ役の女の子が可愛くない!不満に思っていたが、
                  今回は前回よりはかわいくなっていた。よかったよかった。(´Д`)=3

                  ・トンクス
                  出番が少なくて残念。
                  でも、原作のイメージ通り。

                  ・ベラトリクス
                  日本の女優さんで、こんな顔の人いた気がする。。
                  見た目は怖い帰ってきたエルヴァイラ 。いちばん魔女らしい魔女といった感じ。

                  すごいと思ったのは、映画の配役たちがシリーズを通じて
                  ずっと出演してくれていること。
                  途中、ダンブルドア先生役(亡くなられたため)が交代したり、
                  飛行学の先生役が(大人の事情で)出演しなくなったが、
                  それ以外はほとんど同じ人が同じキャラクターを演じている。
                  もう、スネイプはアラン・リックマンだし、マクゴナガル先生はマギー・スミスしか考えられない。
                  悪役も脇役も、全ての役者がそろって演じているから、
                  ハリー・ポッターの世界が形成されているのだとおもう。
                  願わくば、最終話まで同じ役者さんが演じてくれますように…

                  でも、チョウはもっとかわいい子がよかったけどね。(´Д`)=3

                  [映画] ハリー・ポッターと謎のプリンス→
                  [映画]ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1→
                  [映画] ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2→

                  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)
                  J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子 静山社 (2004-09-01)売り上げランキング: 2373


                  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (1枚組) [DVD]
                  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (1枚組) [DVD]


                  レビューポータル「MONO-PORTAL」

                  最低の監督の、最高の人生 [映画] エド・ウッド

                  2007.01.07 Sunday

                  0
                    ティム・バートンとジョニー・デップの最強タッグで作り上げた
                    至上最低の映画監督、エド・ウッドの物語。

                    至上最低といわれながらも、カルト的な人気があったらしく、
                    ティム・バートン自身、エド・ウッドのファンだったらしい。

                    とにかくこの人、映画をつくるためには口八丁手八丁で資金を出させたり、内緒で大道具をつかっちゃったり、趣味の女装(!)をしてみたり、批評家や世間にどんなに非難されようと、とにかく前向きに映画づくりに情熱を燃やす。
                    そんな彼の周りにはオカマちゃんや、いんちき予言者、かつての恐怖映画の名優・ベラ・ルゴシなど個性的は人たちが集まる。
                    最低の映画をさげすまれながらも、仲間に恵まれたのはきっとエド自身がとても魅力的だったからなのだろう。
                    仲間達との撮影のシーンは、なんだか青春映画のようだった。

                    エド・ウッド役のジョニーが最高にかわいらしくてかっこいい。
                    困った顔や、笑ってごまかす顔など、まるでいたずら好きの犬のよう♪

                    やはりいちばん好きなシーンは憧れのオーソン・ウェルズに女装のまま出会い、励ましの言葉をもらうところ。さすが、オーソン・ウェルズ、いいことを言う。
                    励まされて感動したエドは、やっぱり女装のまま(^^;)撮影現場にもどってメガホンを撮るのです…

                    ゴーストバスターズで有名なビル・マーレーがオカマちゃん役で登場していて、いい味をだしていた。

                    エド・ウッド [DVD]

                    中古価格
                    ¥1から
                    (2020/6/15 15:06時点)




                    ちなみにお笑い芸人ザ・プラン9の名前の由来は、エドウッドの映画『プラン9・フロム・アウター・スペース』からとられたらしい。

                    JUGEMテーマ:ジョニー・デップ

                    [映画]未来世紀ブラジル

                    2006.02.13 Monday

                    0
                      テリー・ギリアムの最高傑作(だと私は思っている)未来世紀ブラジル

                      近未来。ビルが乱立するメガロポリス。
                      情報統制がなされた独裁体制の社会。
                      バトルとタトル、タイプミスでテロリストと勘違いされ、無関係な市民が連行され、平気で拷問にかけられる世界。

                      主人公サムは、律儀にも徴収しすぎた拷問費用を返しに、バトルの家族にサインを貰いに行く小役人。
                      彼は自分が美女を救いだすヒーローになった夢を見ている。

                      彼の夢と現実が微妙に交錯する世界。
                      ラストシーンは、思い出すだけでも背中が震える大どんでん返し。
                      ブレードランナーといい、未来世紀ブラジルといい、80年代のSFはカルトで印象深い映画が多い。



                      未来世紀ブラジル [DVD]
                      ジェネオン エンタテインメント (2009-07-08)売り上げランキング: 4035

                      JUGEMテーマ:SF映画 一般


                      JUGEMテーマ:映画の感想