2005.05.29 Sunday

「迷路館の殺人」 綾辻行人

年老いたミステリー作家の奇妙な家を舞台に繰り広げられる惨劇。
迷路館の通路はその名の通り、細い迷路になっている。
その館に招かれた編集者夫婦、ミステリ評論家、弟子である作家数名、そしてミステリー好きが高じて老作家と親しくなったという人物・島田潔。
やがて老作家が死体となって発見される。そこから次々に起こる殺人事件。何重にも複雑に重なったトリック。その結末はというと…

結末を読んだときの感想は、これです。「参りました!」orz

いわゆる「作中作」の形式だけど、そこは普通の作中作と違って、小説の中にちゃんと「作中作」のタイトルや奥付が作られていて、凝ったつくりになっている。わくわくするのよね。こういうの。
小説の登場人物と作中作の登場人物とに複雑なリンクがはられていて、まるで、クモの巣を手繰っているような感じ。2重3重の仕掛けに翻弄され、まさに迷路館の客人になったよう。

あえて難を探すなら、探偵役の島田潔さんとは、お友達になりたくないと思ったことかな。
だって、彼、好奇心の赴くままに事件を解決するのはいいのだけど、人の触れて欲しくないプライベート(不倫とか)をストレートに聞いちゃうし(十角館)、元医者とはいえ妊婦さんに検死はさせるわ(迷路館)、半ば強引に人のうちに泊めてもらって、無断で館内を散策するし(水車館)、この人と友達になった暁には、わたしが殺された場合、その瞬間から彼の感情は「友情」ではなく「好奇心を満たす対象(死体)」に変わりそうだな。

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)
綾辻 行人
講談社
売り上げランキング: 62,130




島田さんの趣味というか特技の「折り紙」
作中ででてきた「悪魔」はかなり難易度が高い。

本格折り紙―入門から上級まで
前川 淳
日貿出版社
売り上げランキング: 16,025



「十角館の殺人」→
「水車館の殺人」→
「時計館の殺人」→
「奇面館の殺人」→
「月館の殺人 上巻」→
「月館の殺人 下巻」→

JUGEMテーマ:ミステリ


2005.05.25 Wednesday

ゴーストハントシリーズ 「悪霊とよばないで」 小野不由美

これで一応ゴーストハントシリーズ読了です。
順番無視でこれが最後。
読み終わっちゃった。寂しい。。
あとはマンガ版が早く追いついてくれるのを願うばかり。
今回は綾子とぼーさん、大活躍の巻。
ぼーさん、怪我を押して戦っているところがかっこよかった。
麻衣の頭をくしゃってやるところも萌えラブ
ナルは今回眠り姫の役(!)起きたあとは般若のようっだったが。

悪霊とよばないで
悪霊とよばないで
小野 不由美

2005.05.18 Wednesday

「水車館の殺人」 綾辻 行人

館シリーズ第2弾「水車館の殺人」、読了。
過去の事故が原因で顔をマスクで覆う館の主人(画家の息子)、
彼の幼妻、年に一度、館を訪れる人々。「嵐の山荘」
そして「探偵」島田潔。

過去と現在が交互描かれていくストーリー展開のため、どちらが過去で
どちらが現在なのか、わからなくなる。

ミステリファンならば、「顔をマスクで覆う」という行為には横溝御大の
あの小説が思い浮かぶでしょう。
はたして彼は「佐清」なのか、否か。

ラストは申せませんが、作者が文中にちりばめたちいさなキーワードを
集めていくとひとつの「事実」が浮かび上がります。
それを発見した喜びは筆舌につくせません。そのほかのトリックはまったく見破れませんでしたが。

物語終盤は斜め読みで結末を先に見ないよう、1行1行、まさに手に汗握りながら読んでいきました。

もう、綾辻館に夢中です。今後もし私が家を建てる機会があるなら
思わず建築士の方にこう言うでしょう。
「隠し部屋、作ってくれませんか?」

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
綾辻 行人 講談社 売り上げランキング: 34544


「十角館の殺人」→
「迷路館の殺人」→
「時計館の殺人」→
「奇面館の殺人」→
「月館の殺人 上巻」→
「月館の殺人 下巻」→
JUGEMテーマ:ミステリ

2005.04.19 Tuesday

「覘き小平次」 京極夏彦

覘き小平次
覘き小平次
京極 夏彦

京極堂シリーズ、巷説百物語とも違う、幽霊の話。

押入れに隠れるのは子供の頃よく遊びでやりましたよね。
ほんの少しの明かりがもれる隙間から覘く世界は、いつもと違って見えたものです。
この主人公、小平次は大人になっても押入れから外の世界を眺めています。一寸五分の隙間から。
その一寸五分の隙間が、彼と世間とをつなぎとめる間隔だったのかもしれない。

物語が終わっても何が解決するわけでなく、なぁんにも変わらず、
ただ気味の悪い、後味の悪さだけが残る。

これが「幽霊」というものなのか。

2005.03.20 Sunday

ゴースト・ハントシリーズ 「悪夢の棲む家」 小野不由美

ようやっと、ゴースト・ハントシリーズ 「悪夢の棲む家」 を読みました。
今までのシリーズはいなだ詩穂さんが描かれた漫画文庫版で拝見していたのですが、小説はこれが始めて。面白くて一気に読んでしまった。
悪霊や怨念が出てくるシーンは確かに怖い。
小野先生は、殺される側からの描写も、殺人の描写も、あまり難しい表現を使わず表現されているので、
それが逆に身近に恐怖を感じて、コワイ。ほんとに。


ところでこの「悪夢の棲む家」と漫画文庫版の間にストーリーがいくつか存在しているということをこの本読んではじめて知ってしりましたよ。。
バカバカ!これじゃぁ図書館で貸し出し中だからって十二国記シリーズの「月影」の次に「黄昏」を読んでしまったのと同じ過ちぢゃあないか!

【追記】その後無事、シリーズ全て読破しました。
漫画化もされていることだし、増刷してほしいな。




Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

オススメ

Archive

Selected Entry

Comment

  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM