今読んでも面白い「99%の誘拐」 岡嶋二人

2005.11.21 Monday

0
    2005年版この文庫がすごいの第一位に選ばれただけの価値がある。とにかく面白い。
    旅行に持っていったけれど、宿泊先で夜更かしをして一気に読み終わってしまった。(おかげで翌日飛行機に酔った。。)

    時代背景は、コンピュータ、半導体の黎明期から、汎用機からようやくパソコンが普及し始めた昭和43年から昭和63年。物語のもうひとつの主役はコンピュータ。2つの事件のうち、メインの誘拐事件の犯人は、パソコンを駆使して前代未聞の誘拐犯罪を計画する−。

    そうはいっても、ストーリー展開が魅力的なので、別にパソコンの知識がそれほどなくても楽しめます。

    「99%の誘拐」あらすじ


    【第1章】


    まず1つめの誘拐は昭和43年。半導体工場、『イコマ電子工業』を営む生駒洋一郎の息子、慎吾が何者かに誘拐される。犯人は身代金として5千万円を要求するが、その金額は経営危機に陥った会社を立て直すべく、洋一郎がかき集めた資金と同じ額だった。

    犯人から金塊をフェリーから落とすよう指示され、真夜中の海に金塊を落とす洋一郎と社員の間宮、鷲尾。この事件で会社再建の希望は潰えることとなったが、息子・慎吾を無事に取り戻す事ができた。

    その後、『イコマ電子工業』は以前から合併を申し出ていたカメラメーカー『リカード』に吸収され、洋一郎もそこで半導体の開発事業部長の地位を与えられるが、昭和58年、末期ガンでこの世を去る。また、慎吾の誘拐事件の犯人も結局わからないまま、時効を迎える。

    【第2章】


    1つめの誘拐事件から19年後。慎吾の身代金として犯人に渡ったはずの金塊がある人物の事故死によって発見される。その人物は、『リカード』を定年退職した総務課長だった。19年前の誘拐事件に『リカード』が関与しているのではないかと噂が流れはじめる。

    【第3章】


    1つめの誘拐事件から20年後。2つめの誘拐事件が起こる。
    今度は『リカード』の社長の孫・兼介が何者かに誘拐され、身代金10億円が要求される。犯人はそれをダイヤの原石で要求し、その運び手として、20年前に誘拐され、現在は『リカード』の研究員となった生駒洋一郎の息子、慎吾を指名したのだった。

    【第4章】


    事件後、かつて父の部下で、『リカード』重役となった間宮と慎吾はかつて慎吾の誘拐時に身代金の金塊を沈めた同じ航路のフェリーに乗っていた。2人の会話の内容は……。



    罪の意識のない被害者



    「ー兼介をこんな目にあわせたことだけは許せない。兼介には何の責任もないことじゃないか。」
    「……」
    慎吾にだって責任はなかったのだと言おうとして、間宮はその口を閉ざした。


    文中には、慎吾の誘拐に『リカード』が直接手を下したとの記述はない。
    しかし、孫を溺愛し、成績を公然と社員に自慢したり、自分の過去の行状を反省もせず、孫が誘拐されるとなりふりかまわないような社長のいる『リカード』は、許せない。

    この社長は、自分が悪いことをしている意識がまるでない。自分の利益のためならなんだって正当化している。そうした罪の意識のない人は犯罪を犯罪だと思わないのだろう。社長も孫も、時間が経てば恐怖も苦しみも忘れてしまうだろう。

    きっと、誘拐犯の方がずっと罪の意識のをもち、これから苦しんでいくのだろう。それを覆うと切ない復讐劇でした。

    そして2つの事件の後、慎吾はどう生きていくのでしょうか。
    私の希望としては、『リカード』を辞めて会社を立ち上げるか、その後台頭するIT関連企業に引き抜かれて技術者として最前線で働いていって欲しいと思う。

    あるいは海外企業に行き業績不振の『リカード』を買収するかもしれない。
    おそらく、こうしたワンマン経営の家電会社は、現代の日本では生き残れないだろうから…。

    ミステリーランド 「魔女の死んだ家」 篠田真由美

    2005.11.08 Tuesday

    0
      「魔女」呼ばれた美しい女性の死を巡り、彼女の子供、彼女の崇拝者達が様々な推測がめぐらされる。果たして真実は・・波津彬子さんのイラストが物語をより引き立てる。

      講談社が子供向けに出している「ミステリーランド」は、豪華な作家陣と美しい装丁が魅力の本。
      でも多分、ハマっているのは大人の方が多いはず!
      だって、子供にだけ読ませるのはもったいないくらいの話だもの。
      読んだ事のない作家に挑戦するのにも最適なシリーズ。

      私も、篠田さんの作品はコレがはじめて。
      とても幻想的で美しい世界観と、親子のせつない愛情、最後に謎解きも用意されており、楽しめました(^^)

      篠田さんは他にも洋館を舞台にした建築探偵シリーズを書いておられます。綾辻行人さんのようにすごいからくりがあるわけではないのですが、古い建物とそれにまつわる人間模様が展開されていきます。

      ↓いつか、全巻そろえるのが夢「ミステリーランド」

      篠田 真由美 / 講談社(2003/10/26)
      Amazonランキング:100,294位
      Amazonおすすめ度:



      ミステリーランド
      「くらのかみ」小野不由美→
      「透明人間の納屋」島田荘司→
      「銃とチョコレート」乙一→

      JUGEMテーマ:ミステリ

      「誰か Somebody」 宮部 みゆき

      2005.11.02 Wednesday

      0
        宮部みゆきさんの最新推理小説。
        私は、宮部さんの時代小説の方のファンで、今までミステリーはまだ読んでいなかったのだけれど、これは、面白かった。

        主人公は、普通のサラリーマン編集者でグループの社内報を手がけており、妻と一人娘を愛している。ただ、普通のヒトとちょっと異なる点は、妻の父親が今多コンツェルンという大企業の会長であるということだけだ。

        義父のお抱え運転手であった梶田という人物が自転車でひき逃げをされ、殺される。
        梶田の2人の娘のうち、妹の梨子は、父を轢いた犯人に遺族の気持ちを伝えるため、父の人生を本にしようと計画する。
        そして義父を通じて編集者である主人公に本の制作を依頼する。
        本の制作を通して主人公が梶田氏の過去を調べていくうちに、様々な出来事に遭遇する。。

        作者の宮部みゆきさんは「幸福な生活をおくる探偵を主人公にしたので、追いかける事件もささやかなものになった」と、語っている。
        確かにこの小説の登場人物たちは、私達と変わらない、日々の暮らしを生きている人々なのだ。
        だからこそ、普段、犯罪というものと無縁の人々が「非日常」の事件に遭遇したときの驚き、悲しみ、やりきれなさといった感情が読者の心にもゆっくりと、そしてじわじわと伝わってくる。

        「ぼんくら」や「日暮し」などの時代小説でもそうだが、宮部さんが市井の人々を描く目線はとてもやさしい。

        大量殺人も派手なトリックもない、だけどすごくココロに残る新しタイプのミステリなのかもしれない。


        誰か―Somebody (文春文庫)
        宮部 みゆき 文藝春秋 売り上げランキング: 168



        続編「名もなき毒」感想→

        名もなき毒 (文春文庫)
        宮部 みゆき 文藝春秋 (2011-12-06)売り上げランキング: 130



        【追記】
        この本の中でも被害者を死に追いやった自転車事故。
        今日のニュースで特集をやっていました。
        携帯の普及に伴い、事故数は年々増えているそうです。
        自動車にくらべて罪が軽く、保険も自賠責保障なるものが必要なため、被害者は極端に不利になる場合が多いそうです。
        改めて、宮部先生の社会問題に対する視点のするどさに驚嘆するとともにこの作品を通じて、自転車での事故について知るきっかけになりました。

        JUGEMテーマ:ミステリ

        ミステリーランド 「透明人間の納屋」 島田 荘司

        2005.09.03 Saturday

        0
          ミステリーランドは「かつて子供だったあなたと少年少女のための」と銘打っている、年齢層を低めに設定したミステリやファンタジー小説。子供向けとバカにするなかれ。

          一流作家陣が書き起こす物語は、作家の新たな魅力が発見できるし、未読の作家の導入作品としても良い作品だと思います。

          で、この「透明人間の納屋」ですが、
          なぜ、「透明人間」と「納屋」が結びつくのかは、読み進めるうちにだんだんわかってくるのですが、冒頭部は主人公の少年とその大人の友人、真鍋さんとの会話で、星の運航や未知のウイルスなどの話から、SFを想像していたら、それがだんだんミステリ、あるいは社会派(?)小説とも読めるストーリー展開になっていきます。
          いちおう殺人事件と、そのトリックも出てくるのですが、話の主軸は主人公の少年と真鍋さんとの友情と別れがメインだと思います。

          私の実家も工場をやっていたので、主人公が学校から帰って工場に真鍋さんの姿を探したり、工場の中がとても楽しい場所として過ごしているところは、私の子供時代を思い出させてもらいました。
          私もああやって家の裏の工場にはいって父の姿を探していたっけ。

          そんな懐かしさ、せつなさを思い出させてくれた作品でした。

          透明人間の納屋 (ミステリーランド)
          島田 荘司 講談社 売り上げランキング: 361823

          JUGEMテーマ:ミステリ


          ミステリーランド
          「くらのかみ」小野不由美→
          「魔女の死んだ家」篠田真由美→
          「銃とチョコレート」乙一→

          JUGEMテーマ:ミステリ


          「十角館の殺人」 綾辻行人

          2005.07.07 Thursday

          0
            「十角館の殺人」面白かった!久々に夜更かししても読み続けたい本に出会いました。
            ミステリ小説のネタバレ感想は無粋だと思うので、概略だけ。

            「十角館の殺人」あらすじ


            3月26日。その日、大学のミステリーサークルに所属する7人が、半年前に未解決の殺人事件があった「角島」へ向かう。7人はサークルの慣習でお互いを海外のミステリー作家の名で呼び合っていた。(オルツィ・カー・ルルウ・アガサ・ポウ・エラリイ・ヴァン)

            その島では半年前に死亡したとされる天才建築家・中村青司の建てた、十角形の建物「十角館」があった。その館では…

            …この先は、みなさんで確かめてください。
            私は結末で電車の中だというのに思わず「ああっ!(((( ;゜Д゜)))」と叫んでしまいましたよ。

            とんでもないミステリです。「嵐の山荘」(閉ざされた世界で起こる殺人事件)という古典的なシチュエーションなのに、そのトリックが常軌を逸しているというか、想像の範囲を超えているのです。

            実はもともと、綾辻先生のパートナー、小野不由美先生の「十二国記」が大好きで、そこからいろいろと読書の輪が広がった結果、この作品に出会えました。

            十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

            中古価格
            ¥148から
            (2019/2/14 22:43時点)




            「水車館の殺人」→
            「迷路館の殺人」→
            「時計館の殺人」→
            「奇面館の殺人」→
            「月館の殺人 上巻」→
            「月館の殺人 下巻」→

            JUGEMテーマ:ミステリ
            JUGEMテーマ:オススメの本

            「姑獲鳥の夏」 京極夏彦

            2005.06.21 Tuesday

            0
              「姑獲鳥の夏」映画化に伴い、小説を再読。
              大きなストーリーの流れは覚えているのだけれど、細部は大分忘れているなあ。
              前に読んでいたときは、京極堂の「憑物落とし」のかっこよさと、妖怪の話にウエイトを置いていたのだけれど、読み返してみると、とても切なく、悲しく、やりきれない話だったのだと痛感。
              その「切なく、悲しく、やりきれない」事柄を「落とす」のが京極堂の「憑物落とし」なのかもしれない。
              タイトルに「夏」とあるように、これからの季節に読むとまた味わい深い。

              さて、ここからは映画の話。
              映画「姑獲鳥の夏」は一部ファン泣かせな配役であるが、しかし、和寅役の荒川良々はナイスな配役だ!グッド
              和寅=良々を見るだけでも映画館に足を運ぶ価値があるかもしれん。
              他にも千鶴子さん、雪絵さん、内藤、久遠寺院長、夫人などもほぼ原作のイメージに近いのではないかと思う。
              それと、京極堂の飼い猫・石榴が配役の写真と同じ大きさで紹介されていたのには笑えた。

              姑獲鳥(うぶめ)の夏
              姑獲鳥(うぶめ)の夏
              京極 夏彦

              「迷路館の殺人」 綾辻行人

              2005.05.29 Sunday

              0
                年老いたミステリー作家の奇妙な家を舞台に繰り広げられる惨劇。
                迷路館の通路はその名の通り、細い迷路になっている。
                その館に招かれた編集者夫婦、ミステリ評論家、弟子である作家数名、そしてミステリー好きが高じて老作家と親しくなったという人物・島田潔。
                やがて老作家が死体となって発見される。そこから次々に起こる殺人事件。何重にも複雑に重なったトリック。その結末はというと…

                結末を読んだときの感想は、これです。「参りました!」orz

                いわゆる「作中作」の形式だけど、そこは普通の作中作と違って、小説の中にちゃんと「作中作」のタイトルや奥付が作られていて、凝ったつくりになっている。わくわくするのよね。こういうの。
                小説の登場人物と作中作の登場人物とに複雑なリンクがはられていて、まるで、クモの巣を手繰っているような感じ。2重3重の仕掛けに翻弄され、まさに迷路館の客人になったよう。

                あえて難を探すなら、探偵役の島田潔さんとは、お友達になりたくないと思ったことかな。
                だって、彼、好奇心の赴くままに事件を解決するのはいいのだけど、人の触れて欲しくないプライベート(不倫とか)をストレートに聞いちゃうし(十角館)、元医者とはいえ妊婦さんに検死はさせるわ(迷路館)、半ば強引に人のうちに泊めてもらって、無断で館内を散策するし(水車館)、この人と友達になった暁には、わたしが殺された場合、その瞬間から彼の感情は「友情」ではなく「好奇心を満たす対象(死体)」に変わりそうだな。

                迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)
                綾辻 行人
                講談社
                売り上げランキング: 62,130




                島田さんの趣味というか特技の「折り紙」
                作中ででてきた「悪魔」はかなり難易度が高い。

                本格折り紙―入門から上級まで
                前川 淳
                日貿出版社
                売り上げランキング: 16,025



                「十角館の殺人」→
                「水車館の殺人」→
                「時計館の殺人」→
                「奇面館の殺人」→
                「月館の殺人 上巻」→
                「月館の殺人 下巻」→

                JUGEMテーマ:ミステリ


                ゴーストハントシリーズ 「悪霊とよばないで」 小野不由美

                2005.05.25 Wednesday

                0
                  これで一応ゴーストハントシリーズ読了です。
                  順番無視でこれが最後。
                  読み終わっちゃった。寂しい。。
                  あとはマンガ版が早く追いついてくれるのを願うばかり。
                  今回は綾子とぼーさん、大活躍の巻。
                  ぼーさん、怪我を押して戦っているところがかっこよかった。
                  麻衣の頭をくしゃってやるところも萌えラブ
                  ナルは今回眠り姫の役(!)起きたあとは般若のようっだったが。

                  悪霊とよばないで
                  悪霊とよばないで
                  小野 不由美

                  「水車館の殺人」 綾辻 行人

                  2005.05.18 Wednesday

                  0
                    館シリーズ第2弾「水車館の殺人」、読了。
                    過去の事故が原因で顔をマスクで覆う館の主人(画家の息子)、
                    彼の幼妻、年に一度、館を訪れる人々。「嵐の山荘」
                    そして「探偵」島田潔。

                    過去と現在が交互描かれていくストーリー展開のため、どちらが過去で
                    どちらが現在なのか、わからなくなる。

                    ミステリファンならば、「顔をマスクで覆う」という行為には横溝御大の
                    あの小説が思い浮かぶでしょう。
                    はたして彼は「佐清」なのか、否か。

                    ラストは申せませんが、作者が文中にちりばめたちいさなキーワードを
                    集めていくとひとつの「事実」が浮かび上がります。
                    それを発見した喜びは筆舌につくせません。そのほかのトリックはまったく見破れませんでしたが。

                    物語終盤は斜め読みで結末を先に見ないよう、1行1行、まさに手に汗握りながら読んでいきました。

                    もう、綾辻館に夢中です。今後もし私が家を建てる機会があるなら
                    思わず建築士の方にこう言うでしょう。
                    「隠し部屋、作ってくれませんか?」

                    水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
                    綾辻 行人 講談社 売り上げランキング: 34544


                    「十角館の殺人」→
                    「迷路館の殺人」→
                    「時計館の殺人」→
                    「奇面館の殺人」→
                    「月館の殺人 上巻」→
                    「月館の殺人 下巻」→
                    JUGEMテーマ:ミステリ

                    「覘き小平次」 京極夏彦

                    2005.04.19 Tuesday

                    0
                      覘き小平次
                      覘き小平次
                      京極 夏彦

                      京極堂シリーズ、巷説百物語とも違う、幽霊の話。

                      押入れに隠れるのは子供の頃よく遊びでやりましたよね。
                      ほんの少しの明かりがもれる隙間から覘く世界は、いつもと違って見えたものです。
                      この主人公、小平次は大人になっても押入れから外の世界を眺めています。一寸五分の隙間から。
                      その一寸五分の隙間が、彼と世間とをつなぎとめる間隔だったのかもしれない。

                      物語が終わっても何が解決するわけでなく、なぁんにも変わらず、
                      ただ気味の悪い、後味の悪さだけが残る。

                      これが「幽霊」というものなのか。