「もぎりよ今夜も有難う」 片桐 はいり

2011.03.17 Thursday

0
    わたしのマトカ」、「グアテマラの弟」など、ぐっとくるエッセイを書かれる片桐はいりさん。
    第三弾「もぎりよ今夜も有難う」は、かつて片桐はいりさんがもぎり嬢をしていた銀座文化劇場(シネスイッチ銀座)の思い出と、各地に残るなつかしい映画館についてのエッセイです。

    映画館の思い出


    映画館の思い出をもつ人は幸せだと思います。現在のシネコンと映画館は映画を上映するという目的は同じでも、決定的に違う。

    おそらく映画だけでなく「映画を観る場所」そのものが思い出に残るのが映画館なのだと思います。わたしの田舎にも小さな映画館があり、ガラス張りの売店に飾られたパンフレットやお菓子、ほこり臭いロビーの椅子、トイレに向かう廊下のほの暗さに怖かったこと、開場前の順番待ちのワクワク感…今でも思い出すことがあります。

    そういった映画館では観た映画まで思い出すことができるのです。はいりさんの語る銀座文化劇場は、そんななつかしい映画館の匂いがします。

    そしてわたしもはいりさんと同じく、場内飲食厳禁のミニシアターに腹を立てたクチです。物を食わんで観る映画館で何を見ろというのか!(# ゚Д゚)

    今のシネコンは飲食自由ですが、クソでかくてまずいファストフードとくそまずい飲料で高い金をとるフードコートは未だに納得できません。

    旅と映画館


    後半は、はいりさんが旅先で出会った映画館について書かれているのですが、シネコン全盛のおり、昭和の映画館というものは絶滅したものと思っていたら、案外まだ残っているらしいのです。役目を終えて撮影場所としてつかわれたり、まだまだ現役で活躍している映画館もあるんですね。

    これはぜひ、訪ねてみなければ。

    かつて、映画はただ見るだけじゃなく、映画を観る行為そのものがイベントでした。
    ワクワクしながら並んだり、おいしいものを持ち込んだり。
    そんな映画の楽しさを久しぶりに思い出しました。

    今度映画を観るときは、シネコンじゃなく、映画館に見に行きたいです。

    もぎりよ今夜も有難う
    片桐はいり
    キネマ旬報社
    売り上げランキング: 15538


    片桐はいりさん名エッセイ
    わたしのマトカ→
    グアテマラの弟→


    映画館のある風景 昭和30年代盛り場風土記・関東篇
    キネマ旬報社
    キネマ旬報社
    売り上げランキング: 208124


    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

    レビューポータル「MONO-PORTAL」

    読みたい本リスト(自分用メモ)

    2011.02.03 Thursday

    0
      自分用に欲しい本をメモ。

       ・クラウドHACKS!
      今流行のクラウドを使った仕事術。
      HACKS!シリーズはわかりやすくて好きです(^^)

      クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
      小山龍介
      東洋経済新報社
      売り上げランキング: 815



      グーグルアドセンスで<本気で稼ぐ>コレだけ!技
      グーグルアドセンスの手引書。とにかくグーグルのヘルプは横文字ばかりでよくわからない。なんとなくは使えるんだけど、もう少し詳しく知りたいときはこうした本が必要になります。



      いじわるふきちゃん 
      「スイッチ」、「メルヘンクラブ」でリアルな20代女子のイタい心情を綴った、さとうさくらさんの新作。

      いじわるふきちゃん
      いじわるふきちゃん
      posted with amazlet at 11.02.02
      さとう さくら
      宝島社
      売り上げランキング: 524178


      架空の主題歌
      ゴスペラーズの作詩家、安岡優さんがぴあで連載していたエッセイ。映画にまつわる文章と、映画をイメージした架空の主題歌の歌詩。

      架空の主題歌
      架空の主題歌
      posted with amazlet at 11.02.02
      安岡 優
      ぴあ
      売り上げランキング: 30784


      モップの精は深夜に現れる
      近藤史恵の「モップの魔女シリーズ」は一作目と三作目だけは図書館で借りれたのですが、なぜか二作目がなかった。キュートな清掃員・キリコちゃんが活躍するこのシリーズ、ぜひコンプリートしたい!

      モップの精は深夜に現れる (ジョイ・ノベルス)
      近藤 史恵
      実業之日本社
      売り上げランキング: 66925


      ・もぎりよ今夜も有難う
      「わたしのマトカ」、「グアテマラの弟」女優にして名エッセイスト、片桐はいりさんの三作目。アルバイトをしていた映画館にまつわるエッセイ。

      もぎりよ今夜も有難う
      片桐はいり
      キネマ旬報社
      売り上げランキング: 55447


      JUGEMテーマ:気になる書籍

      「つむじ風食堂の夜」 吉田 篤弘

      2010.01.16 Saturday

      0
        わたしは食いしんぼなので、物語のなかに食堂がでてくるお話が好きです。本なら「グアテマラの弟」「かもめ食堂」、映画なら「ホノカアボーイ」、「プール」、など、肩ひじ張らないおいしい料理と、そこに集まる人々の日常は、読んだり見たりするだけで幸せな気分になれるのです。

        「つむじ風食堂の夜」は月舟町の小さな食堂に集まる人たちのお話です。もともと食堂には名前がなく、十字路にあつまるつむじ風にちなんで客たちが「つむじ風食堂」と呼ぶようになったのです。
        メニューは食堂ではおなじみの定食をフランス風アレンジした料理。店の常連には人工降雨の研究から「雨降りの先生」と呼ばれている「私」、舞台女優の奈々瀬さん、帽子屋の桜田さん、果物屋の青年がおり、時おりことばをを交わしながら食事をしています。

        物語の舞台となる月舟町はなんとも不思議で懐かしい雰囲気の町です。路面電車が走る町、坂の上の銭湯から流れるお湯が地下を流れる音、商店街でひとつだけ、夜遅くまで店を開けている果物屋からは、果物の放つあかるい光。

        どこかにあって、どこにもないような、そんな場所。
        私も主人公のように月舟アパートメントの屋根裏部屋に住み、同じ机を二つ並べて研究と文章を書いて日々を過ごしてみたい。

        作者の吉田 篤弘さんはクラフト・エヴィング商會の方なのだそうです。クラフト・エヴィング商會は「どこかにいってしまったものたち」などノスタルジックで不思議な品々を紹介した本を作っていて、クラフト・エヴィングという名前は稲垣足穂の文章中からとられたのだとか。この本を読むと稲垣足穂の「千夜一夜物語」を思い出したのは、そういうつながりがあったからかもしれません。

        つむじ風食堂の夜
        つむじ風食堂の夜
        posted with amazlet at 10.01.15
        吉田 篤弘 筑摩書房 売り上げランキング: 166136

        どこかにいってしまったものたち
        クラフト・エヴィング商會 筑摩書房 売り上げランキング: 76023


        「それからはスープのことばかり考えて暮らした」→

        食彩浪漫 片桐はいりさんのグアテマラ料理

        2007.10.08 Monday

        0
          なにげなくテレビをつけたら、NHKの食彩浪漫という番組に片桐はいりさんが出演していた。弟さんのところで習い覚えたグアテマラ料理を、料理研究家の方と一緒につくるという企画らしい。

          NHK 食彩浪漫 2007年 10月号 [雑誌]

          中古価格
          ¥500から
          (2018/9/1 22:47時点)




          はいりさんのエッセイ、「グアテマラの弟」にでてきた美味しそうな料理のつくり方が実際見れる!

          思わず途中から録画をし、じっくり鑑賞したところ、かなりおいしそうです。グアテマラ料理。牛肉の煮込み(カルネギサーダ)や、シンプルなカスタードのデザートなど。

          はいりさん、さすがに手つきがいい。本当に料理が好きでつくっているのがわかる。はいりさん、こんど料理の本を書いてください。そのときは、グアテマラの料理の他に、ぜひフェルナンド君の大好きな片桐家の
          「サンマの梅煮」のレシピもお願いします。

          グアテマラの弟 (幻冬舎文庫)

          中古価格
          ¥20から
          (2018/9/1 22:46時点)




          わたしのマトカ
          グアテマラの弟
          もぎりよ今夜もありがとう→

          JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

          「グアテマラの弟」 片桐はいり

          2007.09.02 Sunday

          0
            「わたしのマトカ」に続き、女優・片桐はいりさんのエッセイ第2弾『グアテマラの弟』。

            セリフをしゃべる職業のせいか、彼女の書く文章はここちよいリズムで、するすると脳にすべりこんでゆく。気が付くと、グアテマラの空気にひきこまれてしまう。
            片桐はいりの才能をまたひとつ見せ付けられた<極上のエッセイ。かなりの勢いでおすすめ致します。

            グアテマラに住む弟


            今回は、弟さんの住むグアマテラへの旅の様子と、はいりさんの家族の話を中心に書かれている。グアテマラでスペイン語学校を営む弟さんとその家族のこと、ラテンの人々のおおらかな暮らしぶりのことなど。

            特に、はいりさんの描く食べ物の話が好きだ。美食家の父親の影響か、はいりさん自身も食べ物への愛情と類まれなる好奇心はハンパではない。だから彼女の書く食事のシーンはどれもおいしそう。

            弟の奥さん、ペトラさんのつくるお昼のごちそうや、バックパッカーが集まる弟さんの家で、毎週日曜日にふるまわれる現地食材の日本料理。

            「食」にこだわるはいり家の家庭料理。


            『グアテマラの弟』は、読んでいるこちらまで、ごちそうになっている気分になる。おもしろかったのは、弟さんがグアテマラ人の奥さんと子供(フェルナンド)君を日本に連れて来たときのこと。

            食通のはいりさんの父上は、フェルナンド君の食べっぷりが気に入り、滞在中、すきやきや天ぷらなど日本の「ごちそう」を食べさせた。そして、あらかたごちそうを食べさせたあとに父上が、「何がいちばん美味しかったか?」と聞くと、フェルナンド君、目を輝かせて一言、「サンマ!」と答えたのだ。
            それは、はいりさんのお母さんがつくるサンマの梅干煮だった。父上撃沈orz。

            どんな「ごちそう」よりもおかあさんのゴハンが一番なのは、どこの国でも一緒だし、普段食べるご飯が一番美味しいのも同じなのかもしれない。

            グアテマラの弟」には、こんなおもしろくもほっこりするエピソードがたくさんつまっている。また、はいりさんの文章が粋で魅力的だ。

            ●その後はいりさんがペトラさんから習った料理レシピがNHK食彩浪漫で掲載されました。

            「わたしのマトカ」→
            「もぎりよ今夜もありがとう」→

            グアテマラの弟
            グアテマラの弟
            posted with amazlet at 08.08.31
            片桐 はいり 幻冬舎 売り上げランキング: 4672


            わたしのマトカ
            わたしのマトカ
            posted with amazlet at 08.08.31
            片桐 はいり 幻冬舎 売り上げランキング: 5439



            グアテマラの弟によると、コーヒーの産地として名高いグアテマラの人は現地産の良いコーヒーをほとんど飲んでいないのだとか。良いコーヒーは殆どが輸出用らしい。



            レビューポータル「MONO-PORTAL」

            「わたしのマトカ」 片桐はいり

            2006.05.15 Monday

            0
              わたしのマトカ (幻冬舎文庫)
              』は、片桐はいりさんの旅にまつわる初エッセイ。
              映画「かもめ食堂」のロケで訪れたフィンランドで出会った食べ物と人。舞台公演で行った地方のホテルのマッサージ師たちの話。プライベートで行ったカンボジアで、現地の友達のバイクにまたがって夜遊びにくりだす話など。

              片桐はいりさんの「旅」にまつわる話はどれも面白く、たのしいエピソードばかりだ。中でも私が「いいな」と思ったのは、彼女は旅に出るときに安物の時計を購入して現地の時間に合わせ、帰ってきてからもその時計を現地の時間のままにしておくのだそうだ。

              それを眺めるたび、わたしの時間も少しだけ優雅になる。


              たくさんの旅の時間に囲まれていると、その時計を見るたびに現地の状況が浮かんでくるのだろうな。こんな時間の見方も、悪くない。


              今まで「インパクトのある女優さん」というのがわたしの印象だったが、この本で片桐はいりさんの新しい顔を見せてもらった気がする。あんな細身で実はかなりの食いしん坊。料理上手。好きな街の匂いたどりながら、夜の街を徘徊する旺盛な好奇心。そして、綴られた文章はとてもやわらかく、やさしい。

              「マトカ」とはフィンランド語で「旅」のこと。どこか遠くへ出かけたくなる。けれども諸般の事情でそれがかなわぬときはビールを片手に「わたしのマトカ」を読みながらはいりさんの旅を追体験してみよう。

              グアテマラの弟→
              もぎりよ今夜もありがとう→

              ↓かもめ食堂が好きな方には「絶対」、オススメです。
              レビューポータル「MONO-PORTAL」
              わたしのマトカ (幻冬舎文庫)
              片桐 はいり
              幻冬舎
              売り上げランキング: 13,125



              グアテマラの弟 (幻冬舎文庫)
              片桐 はいり
              幻冬舎 (2011-02-09)
              売り上げランキング: 26,908



              もぎりよ今夜も有難う
              片桐はいり
              キネマ旬報社
              売り上げランキング: 37222


              JUGEMテーマ:エッセイ